不動産持分の売却は専門業者に相談

不動産持分の売却は専門業者に相談できる

不動産持分について悩んでいる場合は、一人で悩まずに早めに専門業者に相談をするのが大切になります。
不動産持分では不動産の名義をどの程度の割合にするのか決めることになりますから、基本的にはこの割合によって売却時などの利益の配分にも影響を与えることになるのです。

ただ割合に関係なく不動産持分の権利がある人は、平等に意見を言うことができますから、割合が少ないから無断で売却されるような心配はありません。
その分だけ権利者が全員で意見を一致させないといけませんから、その点はかなり難しい問題になる可能性が高いです。
不動産持分をどの程度の人数が持っているのかも、それぞれの共有不動産で違いがありますから、その点も注意が必要となります。

不動産持分を買取するような業者も存在するので、そのような専門業者に相談をすることで簡単に悩みを解決することが可能です。
基本的に法律なども関わることになりますから、専門業者を味方につけたほうが安心できます。

信頼できる専門業者を見つけるのが大切

不動産持分についての悩みは専門業者に相談をすることができますが、実際に相談をするときは信頼できる場所を利用しないといけないです。
専門業者もいろいろとありますが、信頼できる場所を利用しないと不当に安い価格で不動産持分を買取されるようなケースもあるので、親身に寄り添ってくれる専門業者に売却しないといけません。

実績などが豊富な業者を利用することができれば、問題を抱えることなく安定して不動産持分を売却することができますから安心です。
基本的に不動産持分だけで売却するのではなく、不動産を全体的に売却したほうが高値で売れる可能性が高いと考えられます。
不動産持分だけを専門業者が買取をすると、通常の不動産と違って使い道が限られるので当然ながら買取価格は安くなりやすいです。

そのため権利者で意見を一致させたほうが得をすることができますが、簡単に売却をするようなことが難しい場合は諦めるしかないです。
専門業者が存在することで不動産持分だけで売却をすることができますし、同時に不動産の権利から外れることができますから、トラブルなどに巻き込まれるような心配もありません。

まとめ

不動産持分について分からないことがある場合は、信頼できる専門業者に相談をすることでスムーズに悩みを解決することが可能です。
専門業者では不動産持分を買取してくれるようなケースもありますから、持分を売却をすることで悩みから解放されるようなこともできます。
不動産持分の権利者の場合は、トラブルに巻き込まれたりするようなこともあるので、早めに持分を売却して身を軽くしておいたほうが安心して生活ができる筈です。

不動産持分は共有権利者に売却するのがスムーズ

共有権利者が候補に挙がる理由

不動産持分を処分したくても、なかなか売れなくて困ることがあります。
その理由として、共有権利者の存在が挙げられます。
不動産全体を売りたくても、彼らの存在によって実施できないことが多いからです。
反対されてしまうと、それだけで取引に臨めなくなってしまいます。
やっかいなのは多数決の原理が働かないことです。
たとえば5人の共有権利者がいた場合、4人が賛成しても1人が反対すれば不可能です。
そのような事情があるため、売りたいと思ってもなかなか実現できません。

そこでよく選ばれるのが自分の不動産持分だけを売却することです。
それなら反対する人がいても関係がありません。
基本的には本人の意思だけで決定できるというメリットがあります。
とはいえ、スムーズに売却できるかどうかは話が別です。
なぜなら、不動産持分だけを購入しようと思う人が少ないからです。
買っても良いと思える人を探す場合、その候補として共有権利者が挙がります。

どうして取引しやすいのか?

不動産持分を共有権利者に売却しやすいのは、そうすることで有利になる人もいるからです。
対象の不動産の使用に関して協議するとき、不動産持分の大きさが大いに関係します。
たとえば、その物件で賃貸事業を行いたい場合、共有権利者で話し合うことになるでしょう。
その際に意見が分かれると、不動産持分の割合で最終決定が決まります。
具体的には5割より多くを占めている側の意見が採用されます。
つまり多数決ではなく、あくまでも割合の勝負になるということです。

そのため、決定権を強化したい人は不動産持分の買取に快く応じてくれる可能性があります。
わざわざ他に購入希望者を探さなくて良いので、スムーズに処分できることが利点です。
たいていは親族や知り合いなので、新たに関係を構築する必要もありません。
いきなり取引を開始できるので、売却を急いでいる場合にとても有利な手段となっています。
互いに価格帯について理解していることもポイントです。

まとめ

人によっては不動産持分をすぐに売却したいと思うこともあるでしょう。
しかし、一般的な物件とは異なる点が多いため、スムーズに実現できなことも珍しくありません。
それなら取引の相手を共有権利者に限定することで、状況を打開できる可能性があります。
なぜなら、購入したいという動機を持っていることも多いからです。
大半は互いのことを知っているので、コミュニケーションを取りやすいことも関係しています。
まずは共有権利者に声をかけることから始めてみましょう。

売却できるのは不動産持分の範囲内のみ

共有名義の不動産は売却可能か

不動産は価値の高い財産ですが、活用方法がない場合は売却して現金化することも考えていきたいところです。
この場合も単独名義であれば、スムーズに売却ができます。
不動産は複数人の共有名義になっているケースもあるので、確認しておきましょう。
共有名義の場合は、共有者がそれぞれ自分の不動産持分を持っています。
自分の不動産持分だけではなく、不動産全体を売りたいという人もいますが単独で判断できることではありません。
共有名義の不動産をすべて売却したい場合は、全員の同意が必要です。
スムーズに同意が得られるケースもありますが、自分の不動産持分を手放したくない人もいれば、売却そのものに反対される場合もあります。
同意が得られなければ不動産全体を売ることはできません。
とはいえ、絶対に売却できないのではなく自分が持っている不動産持分のみの範囲内なら売却は可能です。
自分の不動産持分を売るのであれば共有者の同意も必要ありません。

自分の不動産持分を売るときの注意点

自分の不動産持分だけでも売れればそれで良いという人も、売却で発生する可能性があるトラブルやデメリットも知っておくことが大切です。
不動産持分の範囲内だけというと、活用はかなり難しくなります。
購入者にもあまりメリットがないことから、買手が見つからないケースもあります。
売れた場合でも、相場よりもかなり安くなる事は避けられないと考えておきたいものです。
それに、購入者と残りの共有者の間で何等かのトラブルが発生する可能性もあります。
不動産持分を専門に扱う業者であれば、より高値で売却できる可能性もありますが、この時も信頼できる業者を選ぶことが大切です。
売却の前には、無料相談などを活用し、良い解決策がないかどうかを相談してみることもおすすめです。
弁護士に相談するという方法もありますが、その場合は高額な報酬が発生する場合もあります。
取引を成功させるためには、リスクをできるだけ避けることも大切ですのでしっかりと考えることが大切です。

まとめ

共有名義の不動産を売るには、共有者全員の同意を得る必要があります。
スムーズに同意が得られない場合は、自分の不動産持分の範囲内で売ることも検討することになります。
とはいえ、この方法も安く買い叩かれる、将来的にトラブルが発生する可能性が高いなどリスクもある方法です。
できるだけリスクを抑えて円満な解決をすることも大切ですので、悩んだときは専門家への相談も考えてみましょう。
無料相談のある業者なら、気軽に相談することができます。

通常の不動産よりも低額になる不動産持分の売却

自分の不動産持分だけを売却する方法

相続による財産分与や夫婦間での共同購入などによって、複数の不動産持分が発生することがあります。
維持し続けられる状態なら問題ありませんが、生活の変化によって売却しなければならない状態になることも考えられます。
共有している不動産は、共有者の同意がなければ処分ができないのが基本で、個人での売却はできないのが普通です。
共有者との関係が良好で、対応してくれるなら問題ありませんが、それが難しいと解決できない状態になってしまうかもしれません。
それでも個人の不動産持分だけ売りたいとなったら、専門の業者に頼むという方法があります。
ただしマンションや住居など共有者がそのまま不動産持分を維持し続ける場合、賃料の発生や売却の執拗な申し入れが発生するお恐れがあり、トラブルになるかもしれません。
使用していない土地の場合、個人の不動産持分だけを業者に買い取ってもらうことは可能です。
この場合でも共有部分の取り扱いで影響が出ることになるので話し合いが不可欠です。

不動産持分の土地を売却するときの価格

いろいろな事情で自分の不動産持分だけを売却する時には、低額になることを覚悟しなければいけません。
通常なら第三者に販売できる不動産ですが、共有している一部しか入手できないので、販売できない状態で保有しなければいけません。
そのような不利な条件で買取を行うわけですから、業者にとっては低額で入手するというリスク回避が必要となります。
例えば相場が1000万円だったとして、このような不利な条件では1割から2割での取引になってしまいます。
つまり100から200万円しか得られないというものです。
これでは収入を見込んで売却するよりも、維持費をなくしたいなどの理由以外で選ぶべき方法とは言えません。
共有者に無償贈与という方法もあるので、できるだけ話し合って決めた方がよいでしょう。
選択肢として専門業者に頼って共有者と話し合うきっかけになることもあるので、いろいろな解決策を考えて検討するべきです。

まとめ

不動産持分の売却には、共有者と話し合いで決めることが重要です。
それ以外の方法での処分は負担が大きくお互いのためになりません。
ただし生活のため、すぐにでも処分したいと考えているなら専門業者に依頼する方法も選ぶことができます。
メリットとデメリットをしっかり理解してから、選ばなければいけません。
共有者にも必ず話をして、後からトラブルに発展しないような配慮も必要です。
不動産のトラブルは影響が大きいので慎重に進めるべきです。